【NewsLetter217】緊急支援のお願い NPO法人九州ダルク代表 大江昌夫

 福岡も遅れながら梅雨に入り、雨に映える紫陽花の花も美しく、爽やかな季節となりました。皆様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。

 先月号で書かせて頂いた通り、6月の家族会をもって解散というかたちをとらせて頂きました。7月より新たに『九州ダルク家族会リーベ』として歩みだします。これまで通り、第4日曜日ですが、開始時間を30分遅らせ、10時受付開始の10時30分スタートと致します。皆様のご参加お待ちしております。

 この話の後にダルクの運営状況の話はとても辛いのですが、昨年度、日本政策金融公庫より500万円の借入れをし、今日までに借り入れ資金と未払いの車両修理費など全て合わせて700万円を超えるほど増えてしまいました。

 私共の努力が足りない為ではありますが、返済の見通しが立たないのが現状です。今現在九州ダルクにそれだけ支払える財力はありません。

 しかし、今いるメンバーを路頭に迷わせるわけにはいかず、新たな事業を始める計画を進めていますが、人員配置や部屋の広さなど問題も多く、中々進まないのが現状です。

 経費削減のため使用している車両も故障が多いことや燃費の悪い車両から処分し、車両の入れ替えをしたり、参加してきたイベントなども極力控えたり、交通費を抑えるため1台で行動したり、近場は自転車で移動したりと仲間にも協力してもらいながら日々、苦しい運営状態で活動を続けています。皆様の善意による寄付金に支えていただけなければ運営してゆくことが困難であリます。

 薬物依存症者が回復を望み、生きる希望を持ち社会の有用な一員となるように支えていただけないでしょうか?

 薬物依存症者みずからが薬物依存症者を支え、共に歩むダルクの取り組み、九州ダルクが回復と成長を手にすることのできる場として活動してゆけますよう皆様のご支援、ご協力のほどなにとぞ宜しくお願い申し上げます。

 「九州ダルクを支援する会」の郵便振替振込口座に関する情報はこちらのページです。

カテゴリー: 217号(2019年7月), ニューズレター | タグ: , , | 【NewsLetter217】緊急支援のお願い NPO法人九州ダルク代表 大江昌夫 はコメントを受け付けていません。

【NewsLetter217】鳥取・岡山・宮崎・九州ダルク合同フェローシップに参加して

マー

 今年初めて参加しました。あいにくの天気で海には少ししか行けませんでした。二泊三日のキャンプで海で日焼けができると思いましたが残念です。バーベキューをやり、外で食べる料理はやっぱり格別に美味しかったです。 海に行けなかったためゆっくりしている時間があったので、身体も休めることが出来ました。いい思い出になりました。

オビト

 自分は性格的にノリが悪いところがあるので、イベント事は苦手です。しかし、鳥取・岡山・宮崎・九州の仲間のサポートがあったので、BBQ、昼食作り、サーフィンなど多くのことが楽しめました。プログラムの恩恵なのか、年が経つ毎にイベント事に余裕ができてきた自分 がいます。ありがとうございました。

クルクル

 今回、鳥取・岡山・宮崎と、人数が多くバタバタするだろうなって思っていましたが、案外スムーズでした。久しぶりに会う仲間、新しく会う仲間がいて、皆楽しんでいるし、シラフでのキャンプは良いなって思いました。サーフィンも3日間して楽しかったし、やっぱリ仲間は大切だなって気づく3日間でした。ありがとうございました。

コウジ

 今回キャンプに初めて参加して、すごく 楽しかったです。各ダルクの代表に深く感謝したいです。九州ダルクに約1年前に来たときから、7月のキャンプの話は聞いていて、自分の中で一番楽しみ にしていたイベントでした。不安はありましたがすごく楽しめた3日間でした。

バス

 毎年恒例の宮崎ダルクとの合同キャンプ。今年は鳥取、岡山の仲間も一緒に参加しました。今回は4回目で、最初の頃に比べると流れも分かって、その分、余裕を持ち、楽しむことが出来ました。知っている仲間との再会や新しい仲間との出会いもありました。3日間を共 に生活する中で、他の施設の仲間を見て 色々勉強になりました。今後の自分の行動を改めていくいい剌激になりました。素面で楽しめるのは仲間のおかげです。

クニ

 今回、自分は3回目なのですが、今回参加が初めてのメンバーもいて、気を使うところもありましたが、楽しめました。普段やらないサーフィンやバーベキュー、色々な施設の仲間とのフェローシップ。楽しむのに年齢性別は関係ない事が改めて分かりました。楽しむことを続けます。

テラ

 今回キャンプヘ参加しました。キャンプは初めてだし、自分は人見知りなので不安でした。でも仲間がサポートしてくれて、とても楽しめました。宮崎は自然がいっばいです。その中で初めてサーフィンをやりました。昔と違って、シラフの頭で仲間と一緒に楽しめました。仲間がいるから自分も変わっていける。仲間に感謝です。

イジケムシ

 宮崎キャンプにいってきました。久しぶりに会う仲間もいて、自分がダルクにつながった最初の頃の事を思い出すことが出来ました。その頃に比べると少しは成長できたと思います。一緒に楽しんでくれた鳥取・岡山・宮崎、そして九州ダルクの仲間に感謝しています。


カテゴリー: 217号(2019年7月), ニューズレター | タグ: , | 【NewsLetter217】鳥取・岡山・宮崎・九州ダルク合同フェローシップに参加して はコメントを受け付けていません。

【NewsLetter216】NPO法人九州ダルク代表 大江昌夫

梅雨時の紫陽花が美しく咲く頃となりましたが、皆様お変わりございませんか。

急なお知らせになり申し訳ありませんが、九州ダルク家族会として活動を続けてきましたが、会の方向性にズレが生じてしまい、去年より話し合いを続けてまいりましたが、残念ながら解決の糸口を見つけることが出来ませんでした。

このまま九州ダルク家族会として継続していくことが困難となり、6月23日の家族会を最後に解散いたします。長い間、九州ダルク家族会にご参加およびご支援を頂き、誠にありがとうございました。

これに伴い九州ダルクでは新たに7月より、薬物問題でお困りの家族や関係者の皆様が集える居場所を立ち上げることと致します。プログラムを通して愛と共感と安らぎが得られるようスタッフ一同努めてまいります。日時など詳しいことは次回掲載いたしますので、皆様のご参加お待ちしております。

梅雨時は、心身が不安定になりやすい時季でもあるといわれます。例外なく毎年この時期はいろいろなことが起きます。特に代表になってから感じる事ですが、ダルクの中で仲間に寄り添い、仲間とともに回復の道を歩むということは、自助グループのスポンサーシップのようにかなりの期間を親しく付き合っていくということのようだと思います。自分自身の問題ばかりではなく、その人の問題やその人と自分の関係も構築していくということなのだと。

関係性の病気である私は問題を増やしてしまう恐れをいつも抱きながらも、仲間との関わりの中で回復し成長していける喜びを感じています。私自身を正直に見つめる勇気をハイヤーパワーに祈りながら、仲間とともに今日一日を生きていこうと思います。

カテゴリー: 216号(2019年6月), ニューズレター | タグ: , , | 【NewsLetter216】NPO法人九州ダルク代表 大江昌夫 はコメントを受け付けていません。

【NewsLetter216】福岡県精神保健福祉センター I

福岡県精神保健福祉センターでは、平成11年度からご家族向けの薬物依存家族教室を、平成27年度からご本人向けの薬物依存回復支援プログラムを行っています。その両方で、九州ダルクさんにはメッセージをいただいたり、アドバイザーとしてご参加いただいたりしている他、九州ダルクの利用者の方々にもご参加いただいており、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

私がはじめに担当したのは家族教室でしたが、はじめは自分に務まるのだろうかととても不安でした。けれども、ダルクさんから「回復者本人からのメッセージ」をいただくなかで、渦中におられるご家族のみならず、私自身も希望を持ち、回復を信じることができるようになり、「ひとりではない」と思えるようになっていきました。

昨年度からはご本人さん向けの回復プログラムにも携わらせていただくようになりました。プログラムは、毎回スマープというワークブックに沿って進めています。順番にワークブックの内容を読みあったり、課題に取り組んで、それを発表してもらったりしながら、薬物使用の引き金や欲求への対処方法等について皆で考えていきます。

私たちもわからないことが多いので、参加者の方からたくさんのことを教えていただいて、学ばせてもらっています。大江さんにも時々アドバイザーとしてお越しいただいて、優しいフォローやご助言をいただいています。おかげさまで、プログラムはとても温かい雰囲気となっており、「他の人の話を聴けてよかった」「こういう風に話せる場を大事にしていきたい」といった感想が聞かれることが多くあります。

自助グループや、ダルクさんやジャパンマックさんといった回復施設に勝るものはありませんが、当センターのプログラムは、病院や回復施設は敷居が高いけれども、センターなら無料だし、ちょっと行ってみてもいいかと思って来てくださる方も多くなっています。

当センターのプログラムが、参加される皆さんが安心して話せる場の一つとなり、また様々な情報を知るきっかけになれば幸いです。当センターでは、事務所内にダルク募金箱を設置して、少しですが募金も時々させていただいています。九州ダルクを支援する会の一員として、募金も含めて、引き続き、微力ながらお力になれることがありましたら支援させていただきたいと思います。

カテゴリー: 216号(2019年6月), ニューズレター | 【NewsLetter216】福岡県精神保健福祉センター I はコメントを受け付けていません。

【NewsLetter216】薬物依存症のマー

クリーン1年を迎える事が出来て良かったと思っています。

施設につながってはじめてのバースデーです。自分は13才の時から何かしらの薬物でラリっていました。もう30年も薬漬けの日々で、刑務所以外で1年も薬物を断ったことがありません。未だに薬の後遺症に悩まされる時があり、自業自得だと自分に言い聞かせながら生活しています。

ここでの色々なプログラムの中に、筋トレと食事当番があります。自分が特に真剣に取り組んでいるのがこの2つです。

筋トレは自分の体づくりにもなるしダイエットにもなるし、良い面ばかりです。動くのが嫌いな自分としては信じられないくらい筋トレをしています。これも成長のひとつだなーと自分なりに思っています。

料理の方も本やテレビで美味しそうなものを見つけると、作り方を覚えて食事当番の時に作っています。「美味しい」と言って貰えた時は嬉しいです。

何かに熱中していれば薬物の事を考えないのですが、暇を持て余すと薬物の事を考えるのは、今も変わっていません。

まだまだ残りの人生があるので生まれ変わった気持ちで何事も取り取り組んでいきます。あまり昔のことは考えないで前向きに生活していきたいです。自分はまだ人生を諦めていないので、やれることは自分なりにやっていきます。

隙があると手を抜く癖があるので、そういう所から変えていきたいです。毎日の生活の中でちょっとずつ成長していきたいです。

今までの生活にはあまり触れたくないのでここでは書きません。1年のクリーンを迎えても、まだまだだと考えています。もっとシラフの時間を増やしていこうと思っています。ステップとか、ミーティングとか、プログラムとか、仲間のお陰だとか言うけれど、自分では何に効果があるのか分かりません。

でも1年のクリーンを迎えることが出来ました。シラフの生活も大事なことですが、普通の事ももっと覚えなくてはなりません。掃除が嫌いなのでどうしても見えないところは手を抜いてしまいます。そういうちょっとした所から直して、真面目に生活しなくてはなりません。仲間の良い部分は真似して、悪い部分は自分から省いて成長していきます。

油断は出来ないので、油断せずクリーンと共に成長していきたいと思っています。今でも昔のことを考えると気持ちがブレるときがありますが、段々と今の時間を生きられるようになってきました。まだまだクリーンな生活1年ではありますが、これからも「シラフ」な時間を生きていきたいです。

カテゴリー: 216号(2019年6月), ニューズレター | タグ: , , | 【NewsLetter216】薬物依存症のマー はコメントを受け付けていません。