【NewsLetter213】NPO法人九州ダルク代表 大江昌夫

 寒さの中にも春の足音が聞こえてくる今日この頃、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

 世間では年末からインフルエンザが猛威を奮っていますが、九州ダルクでは今年も今のところインフルエンザにかかることなく皆元気に過ごしています。

 新年のご挨拶が遅くなりましたが、旧昨年中は大変お世話になりました。今年もご迷惑をおかけすると思いますが、よろしくお願いいたします。

 そう言っている側からではありますが、今年最初の家族会において、参加されていたご家族や講師として来て頂いた茨城ダルクの岩井さんに対し、私の未熟さゆえ早々に混乱とご迷惑をおかけしてしまう事がありました。大変申し訳ありませんでした。今後こういうことのないよう気をつけていきます。

 人は、自分一人では動く事も食べる事もできない状態で生まれてきます。誰かの手を借りてやっと食べることが出来、歩くことが出来、生きていくことが出来るようになります。

 しかし、生活が当たり前に出来るようになると、自分が誰かに助けられて生きているという事実を忘れてしまいがちです。困ったときは誰かに助けを求めて良いはずなのに、表面に出て来た問題が「薬物」だったためにどう思われるか周囲の目を気にし、失うことを恐れ、誰にも助けを求められず悪循環に身を投じてきました。

 人は助け合うことで存続していて、それが実感できるのは誰かに直接的に助けてもらった時や助けることが出来た時です。

 ダルクに繋がった当時、私は人を信じることができず心を閉ざしていました。しかしダルクの仲間や自助グループの仲間達は隣にいて一緒に歩んでくれたことで、プログラムやミーティング、フェローシップを通して少しずつではありますが、本当の自分の問題とは何か、苦しみや悲しみ生き辛さは何かに気づき、私の内側に希望の光が届き、癒され、今日まで回復の道のりを歩んでくることが出来ました。

 薬物を使っている人や困っている人を自己責任と突き放し見て見ぬふりすることは簡単なことですが、本当に援助の手を差し伸べることは難しいことでしょうか。

 当事者同士が助け合うという治療の価値は、他に比べるものがありません。私がダルクを飛び出し、再使用し震えながら帰ってきた時、仲間はお帰りという言葉と屈託のない笑顔でハグをして温かく迎え入れてくれました。

 私にとって回復の始まりでありターニングポイントになった出来事でした。常に誰かに助けられ支えられているという事実を忘れず、その事に感謝し無償で頂いたギフトを無償で手渡していくだけで私たちの未来は希望に満ち溢れていると信じています。

カテゴリー: 213号(2019年2月), ニューズレター | タグ: , | 【NewsLetter213】NPO法人九州ダルク代表 大江昌夫 はコメントを受け付けていません。

【NewsLetter213】第1回九州ダルク家族会フォーラム


 第1回九州ダルク家族会フォーラムを3月2日(土)、福岡市市民福祉プラザふくふくプラザで開催します。テーマは「家族会に来て、笑顔になろうよ!!」。参加費は無料(資料代1000円)です。ぜひご参加ください。


カテゴリー: 213号(2019年2月), ニューズレター | 【NewsLetter213】第1回九州ダルク家族会フォーラム はコメントを受け付けていません。

【NewsLetter212】NPO法人九州ダルク代表 大江昌夫

街中あちこちでクリスマスイルミネーションが目を楽しませてくれる季節になり、あと少しで新年を迎えようとしています。皆様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。

先月、九州ダルク24周年記念フォーラムを開催することが出来ました。急な告知にかかわらず多くの方が参加して頂き、神父様の話や仲間の話に真剣に耳を傾け、ダルクの活動に改めて関心を持つていただける機会にできたように思います。これも多くの仲間とダルクを理解し応援してくださる皆様のお蔭です。本当にありがとうございます。

フォーラムを開いてみて改めて感じたことは、やはリ私たちはメッセンジャーなのだということ。強制でも忠告でもなく、自分の身に起きたプログラムの原理がもたらす奇跡(グッド二ュース)をただ伝えるということ、ただそれだけでいいのだということです。

私は自分が何者なのか、すぐ忘れ、自分の病気さえどうにもできないのに、高慢にも仲間を変えようとして勝手に怒り、傷つき、疎外と孤独に苛まれてしまいます。依存症には無力だというのにね。しかし、その無力だからこそできることがあります。

それは「人の話に耳を傾ける」ということです。私の回復もここがスタートでした。時間はかかりましたが、仲間の話が耳に届くようになり、疑いながらも仲間の真似をし、少しでも先行く仲間のように笑えるようになりたいと願い、鏡に映った自分に笑いかけ、自分を褒める練習を毎日のようにしました。

そんな情けない自分が嫌いで何枚鏡を割っただろう。それでもやり続けることで自分を知るようになり、誰に対してもどこであっても恐れながらでも正直になる勇気が湧き、昨日や明日より今日に回復する意欲が生まれ、結果に囚われず配慮にゆだねて、今日一日を一生懸命生きることが少しずつですが、できるようになりました。

今ではあれほど嫌いだった自分を愛せるようになりました。ハイヤーバワーがそうであるように、完全な私ではなく、今ここにいる不完全なありのままの自分を。狂気ですから、そういいながらも愛せない時もありますが(笑)。こんな不完全な私達ですが、一人でも多くの人にグッド二ュースを届けていきたいと思います。

この話の後にダルクの運営状況の話はとても辛いのですが、今日までに借り入れが未払いの車両修理費用など、全て合わせて500万円を超えるほど増えてしまいました。今現在、九州ダルクにそれだけ支払える財力はありません。しかし、今いるメンバ一を路頭に迷わせるわけにはいかず、マイナスの支払いのため、今月はじめ日本政策金融公庫より借入れをお願いすることに致しましたが、返済の見通しが立たないのが現状です。

経費削減のため使用している車両も、故障が多いことや燃費の悪い車両から処分すること、参加してきたイベントなども極力控えたり交通費を抑えるため1台で行動したり、近場は自転車で移動したりと仲間にも協力してもらいながら日々、苦しい運営状態で活動を続けています。皆様の善意による寄付金に支えていただけなければ運営してゆくことが困難であります。

薬物依存症者が回復を望み、生きる希望を持ち社会の有用な一員となるように支えていただけないでしょうか?

薬物依存症者みずからが薬物依存症者を支え共に歩むダルクの取り組み、九州ダルクが回復と成長を手にすることのできる場として活動してゆけますよう皆様のご支援、ご協力のほどなにとぞ宜しくお願い申し上げます。

皆様が素敵なクリスマスと新年を迎えられますよう、心よりお祈り申し上げます。

寄付のお願い

カテゴリー: 212号(2018年12月), ニューズレター | タグ: , , | 【NewsLetter212】NPO法人九州ダルク代表 大江昌夫 はコメントを受け付けていません。

【NewsLetter212】薬物依存症のバス

今年を振り返り、色々ありました。この1年を通して自分が大きく成長出来た年でもあります。人の期待に沿って生きるというより、自分がどうありたいかを意識した1年となりました。来年も継続の日々です。

カテゴリー: 212号(2018年12月), ニューズレター | タグ: , | 【NewsLetter212】薬物依存症のバス はコメントを受け付けていません。

【NewsLetter212】薬物依存症のミヤ

今年は不可抗力と闘い続けて完敗しました。その時に私は「権利」と「義務」という言葉を深く考えました。その末、私には「もう選択の余地はない」事に気づきました。来年は成功した1年を記します。

カテゴリー: 212号(2018年12月), ニューズレター | タグ: , | 【NewsLetter212】薬物依存症のミヤ はコメントを受け付けていません。