【NewsLetter205】九州DARC代表 大江昌夫

足早に桜の季節も過ぎて、つつじが美しく咲く頃となりましたが、皆様お変わりございませんか。私たちは元気ですと言いたいところですが、私たち依存症者にとっては特に「木の芽時」ともい われる春は、心身が不安定になりやすい時季でもあるといわれます。

例外なく毎年この時期はいろいろな ことが起きます。

特に代表になってから感じる事です が、ダルクの中で仲間に寄リ添い、仲 間とともに回復の道を歩むということは、自助グルーブのスポンサーシップのようにかなりの期間を親しく付き合っ ていくということのようだと思います。

自分自身の問題ばかりではなく、その人の問題やその人と自分の関係も構築していくということなのだと。関係性の病気である私は問題を増やしてしまう恐れをいつも抱きながらも、仲間との関わりの中で回復し成長していける喜びを感じています。

しかし、自分の問題に囚われている 時はここになかなか辿り着けません。 先に書いたようにこの時期は特にそうなりやすい時期だと感じています。

こういったときは整理整頓するしかあリません。引き出しの中のゴチャゴチャしているものを並び替えるのでは なく、全てを取リ出しいらないものを 捨て、いるものを引き出しに整理するように、私自身をハイヤーパワーに委ね成長の妨げとなっている考えや振る舞い、感情を捨て去り、私を成長させてくれる建設的なものだけを私の中に留めておくようにする。

これをするのに正直さの中に誠実さがないと自分の事ばかり考え、自分の思 い通りに行くように要求するだけになってしまいます。私自身を正直に見つ める勇気をハイヤーパワーに祈りなが ら、仲間とともに今日一日を生きていこうと思います。

詳しくは次号書かせて頂きますが、 美野島司牧センターが完成し昨年3月からお世話になった大名町教会から、4月1日に帰ってきました。以前まで使用 していた家具類はそのほとんどがボロボロで使用ができなくなってしまいました。

献品のお願いです。ナイトで 使用する洋服タンス、衣装ケ一ス、洗濯機、電化製品、また洗濯洗剤や消耗品などご不要になったものがありましたら、ダルクまでご一報頂けないでしょうか。度々のお願いで心苦しいのですが、 皆様の愛に頼る方法しかわかりません。どうか宜しくお願い致します。

カテゴリー: 205号(2018年4月), ニューズレター | タグ: , , | 【NewsLetter205】九州DARC代表 大江昌夫 はコメントを受け付けていません。

【NewsLetter205】薬物依存症のクルクル

3月12日に仲間と烏取ダルクでカウンセリングを受けに行ってきました。何回か受けに行ったのですが、今回初めて前に出ました。よしみさんが、何を話したい?と聞かれたのでフェローシップがとれない、と言いました。

何で?と聞かれたので、仲間のことが信用できない、傷つくのが怖 い、本当の事、自分を見せるのが怖い等を 、仲間の間で正直に話しました。

信用が出 来ないという事を言うのも怖いし、勇気 が要リました。過去に傷つけられたこと、 裏切られたことがた<さんあったので、ど うしても正直に言えませんでしたが信用 出来ないと言っても仲間は怒ることなく 聞いてくれていました。

そして、その後に自分の家族のことも聞かれました。これ が一番嫌でした。他の仲間に自分の親、 兄姉の事を知られるのが嫌でした。まと もな家庭で育ったわけじゃないし、自漫 できるような親じゃないからです。

でも話しました。母親が病気で亡く なった事も、父親が病気で亡くなった事 も、暴力を振るっていた事もです。自分の 母親は病気で亡くなったと書きましたが、その当時は何で亡くなったのか聞けなくて、母親役であった女性が居たので、何で 亡くなったかも言ってみてと言われたので 言いました。

その場で言うまで一度も無 かったし、それにもう母親は居ないので、 聞けるはずもなく、この言葉を口に出して から涙が止まりませんでした。悲しい気持ちと寂しい気持ちがありました。涙を流し て気持ちがスッキリしたのと改めて父母 の事が好きなんだと再確認することが出来ました。

今回のカウンセリング神戸のセッションは自分にとって良かったし、前 に出ることが出来て良かったです。終わってからすこ く前向きな気持ちに なりました。

セッションを受けざせてくれ たトキさん、フェローシップをとってくれた岡山、鳥取の仲間。そしてだるくサポーターズの皆さん、よしみさんには本当に感謝しています。ありがとうございました。

カテゴリー: 205号(2018年4月), ニューズレター | タグ: , , | 【NewsLetter205】薬物依存症のクルクル はコメントを受け付けていません。

【NewsLetter205】薬物依存症のバス

先月、鳥取に仲間とプログラムを受け に行ってきました。カウンセリング神戸と いう、神戸から心理カウンセラーの方が 来られて、九州と鳥取の仲間の合同で受けてきました。その時のテーマがあり、選ばれた人が前に出て自分の生き辛さの問題をシェアするというとてもシンプルなプログラムです。

今まで目の前で他の仲間がシェアして いる姿は見てきました。シェアする中で、 色々と過去の苦しかった事を思い出して具合が悪くなる仲間、涙が止まらなくなる 仲間、そういう姿を見ても、僕はああはな らない。そもそも泣くまでもない、と思い 参加していました。そう思う中、プログラ ムも最終日を迎えました。今回も前に出なくて済んだ。恥をかかずに済んだと思っ ていたところ、プログラムが終わる時間ギリギリに、仲間から指名されました。

恥ずかしかったのですが、前に出るしか ありませんでした。恐る恐る前に出て、力ウンセラーの方が話しているのを聞いていました。人間関係の部分のシェアでした。自分の前には先行く仲間が立ってい て、お互い向かい合っていました。

自分の問題を見ました。そこには、人間関係で自分が人と距離が縮まらない理由。自分が恐れている人、自分より知識や経験のある人、自分が持てない部分で信仰を持っている人、見栄を張っている人に劣等感を持って生きてきた、その部分を 解消するためにシェアしました。自分の前にはそれらすべてが当てはまる仲間が立っていました。その目の前にある自分の問題を一つずつ解消し、受け入れ、楽になっていく作業ですが、シェアしている途中に 足が前に進まなくなり涙が出てきました。

その瞬間は恥も糞もありませんでした。周りには仲間が50人近く居たと思い ます。だけど何故だか安心して泣くことが出来ました。生まれて初めてこれだけの人の前で泣きました。でも、その後すこく足が軽くなり、楽になりました。また一つここで成長出来たような気がします。

また、仲間から前に進む、成長する勇気を貰いました。―人では回復できないという事、成長出来ないという事を改めて実 感することが出来ました。

カテゴリー: 205号(2018年4月), ニューズレター | タグ: , , | 【NewsLetter205】薬物依存症のバス はコメントを受け付けていません。

【NewsLetter205】4月の活動報告

5日(木) 保護観察所コアA
6日(金) 飯塚保護観察所
7日(土) 美野島落成祝福式
9日(月) ヨーガ
12日(木) 保護観察所コアB
13日(金) 麓刑務所
市センタ—プログラム
18日(水) 福岡刑務所B
19日(木) 保護観察所コアA
20日(金) 飯塚保護観察所FU
大田区議員視察
22日(日) 家族会
23日(月) ヨーガ
24日(火) 雁の巣病院家族会M
25日(水) 福岡刑務所B
エンカウンター治療共同体研究会
26日(木) 保護観察所コアB
支援する会
27日(金) 麓刑務所

 

カテゴリー: 205号(2018年4月), ニューズレター | タグ: | 【NewsLetter205】4月の活動報告 はコメントを受け付けていません。

【NewsLetter204】薬物依存症のマー

九州ダルクに来て早いもので3 か月がたちました。僕はここに来る前、かなりお酒を飲んでいました。そのおかげで現実が見られず、違う世界にいました。

最初にダルクに来た頃は、仲間の言うことも耳に入らず、ずっと一人の世界にいました。僕の薬物での本命は覚せい剤だとずっと思っていて、お酒は薬物ではない、という思いがずつと頭の中にあるのです。そのせいで自殺を考え、楽な死に方はないかと考え、手首を切ったのです。幸か不幸か失敗に終わりました。

今でも覚せい剤はともかく、お酒は飲みたいです。でも、もうお酒も飲めない精神と身体なんだと思えるようになりました。今では、自分の世界ともおさらばして、仲間の輪の中に入っていられるようになりました。毎日ミーティングやプログラムに追われる日々ですが、少しずつここでの生活にも慣れてきました。

頑張って回復して社会復帰を考えています。仕事も自分で何が出来るのか、合っているのか分かりません。僕は社会不適合だと分かっているのですが、毎日、色々と学びながら社会を目指しています。毎日、過去の事、未来の事、今現在の事を考えています。これからも薬物依存という病気と戦い続けていかなければならないので大変です。

僕もあっという間に40 代なので、これからの事を考えると不安で仕方ありません。何とか自分で生きていけるように仕事を何か身に付けようと考えているのですが、なかなか現実と理想は思うようにいきません。ここでは若い仲間が多いので、若い仲間が羨ましいです。

まだまだ九州での生活には慣れませんが、少しずつ仲間にサポートしてもらいながら、慣れていきたいと思います。とにかく問題は山積みですが、「今日一日」で生活していきたいと考えています。

カテゴリー: 204号(2018年3月), ニューズレター | タグ: , , | 【NewsLetter204】薬物依存症のマー はコメントを受け付けていません。