【NewsLetter204】薬物依存症のマー

九州ダルクに来て早いもので3 か月がたちました。僕はここに来る前、かなりお酒を飲んでいました。そのおかげで現実が見られず、違う世界にいました。

最初にダルクに来た頃は、仲間の言うことも耳に入らず、ずっと一人の世界にいました。僕の薬物での本命は覚せい剤だとずっと思っていて、お酒は薬物ではない、という思いがずつと頭の中にあるのです。そのせいで自殺を考え、楽な死に方はないかと考え、手首を切ったのです。幸か不幸か失敗に終わりました。

今でも覚せい剤はともかく、お酒は飲みたいです。でも、もうお酒も飲めない精神と身体なんだと思えるようになりました。今では、自分の世界ともおさらばして、仲間の輪の中に入っていられるようになりました。毎日ミーティングやプログラムに追われる日々ですが、少しずつここでの生活にも慣れてきました。

頑張って回復して社会復帰を考えています。仕事も自分で何が出来るのか、合っているのか分かりません。僕は社会不適合だと分かっているのですが、毎日、色々と学びながら社会を目指しています。毎日、過去の事、未来の事、今現在の事を考えています。これからも薬物依存という病気と戦い続けていかなければならないので大変です。

僕もあっという間に40 代なので、これからの事を考えると不安で仕方ありません。何とか自分で生きていけるように仕事を何か身に付けようと考えているのですが、なかなか現実と理想は思うようにいきません。ここでは若い仲間が多いので、若い仲間が羨ましいです。

まだまだ九州での生活には慣れませんが、少しずつ仲間にサポートしてもらいながら、慣れていきたいと思います。とにかく問題は山積みですが、「今日一日」で生活していきたいと考えています。

カテゴリー: 204号(2018年3月), ニューズレター | タグ: , , | 【NewsLetter204】薬物依存症のマー はコメントを受け付けていません。

【NewsLetter204】薬物依存症のイジケムシ

TCCプログラムを受けました。

今回のプログラムの中で、自分が薬を使ったらどうなるか、自分のイメージを絵で書きました。精神病院の保護室、仲間から離れた孤独な生活、そしてお墓を1 枚の絵の中に描きました。

自分は、ダルクで行き詰まった時に、出ていったらどうなるのかを具体的に妄想します。今まで6 年半の間で何回も考えてきました。その都度、最後に行き着くのが、今回絵に書いたイメージで、それを思う度に思い止まってきました。自分が薬物依存症でプログラムをやらなくなったらどうなるのかを再確認できました。

もう一つTCCプログラムの中で大きく気付く出来事がありました。仲間の話を聞いていなくて、質問に答えられませんでした。ダルクの中の役割でも他の部分でも、分かったふりをしていたり、理解できていないのに返事したり、自分に関係ないと聞き流したりします。

その結果が失敗につながってきます。自分は何かやっていても、どこか他人事だったりします。昔から、自分の中にあるプライドや、人や自分に対して無関心なところが上手くいかない原因としてありました。

TCC では毎回、色々な事が与えられます。最初に受けてからだいぶ時間が経ちます。最初はまだブロンが止まらなかった時期で、離脱がしんどかったのを今でも覚えています。その頃と比べると自分の感じ方も変わってきたし、少しは成長できたのかなと思います。

回復のピラミッドの中で言うところの、「受け入れる」。まずは自分の生き辛さ、失敗を受け入れる事をやっていきます。

今までずっと向き合ってこなかった事なので、時間はかかると思いますが、ダルクにいて、このチャンスを与えてくれ、TCCプログラムを受けることが出来るこの場所でやっていきます。

カテゴリー: 204号(2018年3月), ニューズレター | タグ: , , | 【NewsLetter204】薬物依存症のイジケムシ はコメントを受け付けていません。

【NewsLetter204】薬物依存症のクニ

九州ダルクに来て4回目のTCCプログラムを受けました。

群馬からの仲間が2人来ました。最初は、前にもやったのに何やるのって思っていました。ゲームをやったリ、回復の仕組みを教えてくれると言われても、何のことだろうと思っていました。最初は何がなんだか分からなかったのですが、回数を重ねていくうちに、自分の問題は薬だけではないことが分かってきました。

今までのダルクでは、薬を止めて身体が元気になり、くすりをつかっていた時に出来なかったことが出来るようになればいいと思っていました。

TCCをやっていくうちに、薬を使うきっかけと、薬が止まらなかった時に何で苦しかったのかが分かりました。

私はよく仲間達から「正直になりな」とか、「助けを求めよう」と言われてきました。TCCの中で、そこが欠けているから薬に手を出した事に気が付きました。一番最初に群馬の仲間に会った時に言われたことがあります。

「そのピアス、自分ではファッションだって言ったけど違うよね。無理しなくて良いんだよ」と言われました。何か正直になれませんでした。

強く見せたくて、大きく見せたくて、ピアスを付けていました。本当は小さく弱い自分だと言えなかったんです。今は言えます。

回復に必要なことが少し分かってきま した。前は見えなかったことが少し見えてきました。薬が止まらなかった時、誰にも言えなかったし、昔からの仲間にさえ助けてと言えなかった。治ったつもりで出ていったから、恥ずかしくて、弱く見られたくなくて正直に助けてと言えませんでした。昔もそれで失敗しました。

最初にシンナ一を吸った時も、本当は怖かったし、やりたくなかった。怖いと言えればよかったのですが、言えませんでした。

仲間の中で、正直に弱いところを見せることや弱いところを認めることの大事さを知りました。

ありがとうこざいました。

カテゴリー: 204号(2018年3月), ニューズレター | タグ: , , | 【NewsLetter204】薬物依存症のクニ はコメントを受け付けていません。

【NewsLetter204】3月の活動報告

 1日(木) 保護観察所コア
 2日(金) 保護観察所コア
 7日(水) 県センタープログラム
 8日(木) 保護観察所コア
 9日(金) 市センタープログラム
 9日(金) 麓刑務所M
 10日(土) 鳥取プログラム参加
 11日(土) 鳥取プログラム参加
 12日(月) 鳥取プログラム参加
 12日(月) ヨーガ
 13日(火) 鳥取プログラム参加
 13日(火) 福岡拘置所
 15日(木) 保護観察所コアFU
 16日(金) 飯塚保護観察所コア
 20日(火) 飯塚保護司会
22日(木) 保護観察所コア
 22日(木) 支援する会
 23日(金) 麓刑務所M
 24日(土) 依存症と自殺予防シンポジウム
 25日(日) 家族会
 26日(月) ヨーガ
 28日(水) 県センタープログラム

 

カテゴリー: 204号(2018年3月), ニューズレター | タグ: | 【NewsLetter204】3月の活動報告 はコメントを受け付けていません。

【NewsLetter203】歳末カンパのお願い

年の瀬もいよいよ押し迫り、なにかと忙しいころとなりました。皆様におかれましては、お変わりなくご活躍のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご支援を賜り、誠にありがとうございます。

薬物依存は回復可能な病気です。ただ、他の病気と違うところは、この病気は周囲の人、例えば家族、職場の人、友人、知人などを好ましくない状態に巻き込むことです。そのため薬物依存は社会問題に発展しやすいのです。

しかし、病気である以上、回復の方法がないわけではなく、自分の力や意志力に頼ることなく、全く違う方法、すなわちプログラムに忠実に参加することによって生き方を根本的に変え、その結果多くの方々が回復しています。

さらに回復した人たちは依存症に苦しむ仲間のために何らかの形で手を差し伸べています。そして仲間を助けるために行為こそ、自己本位の古い生き方を捨て、他者に自分を開く新しい生き方の発見であり、その行為自体が彼らを救っていることになります。

ここに希望があります。

自分らしい尊厳を取り戻すために、「今日一日」を口にし、ダルクプログラムを繰り返す仲間たち、そしてそんな私たちを応援してくださる皆様のおかげで、この福岡の地でシェルターとしてなくてはならない働きをしてきました。私たちの隣には、応援してくださっている皆様が常にいるということに感謝しています。

昨年末に美野島司牧センターの老朽化に伴い建て替えが決まり、大名町教会の一室をお借りし、活動を続けさせていただき9か月が経ちましたが、工期の遅れなどにより美野島にて活動できるのが来年3月末になる予定です。

この1年を振り返ってみると、本当に無力な1年でした。神様は超えられない困難は与えないと言いますが、こんなに続くとここから逃げ出したくなります。

しかし、ふと隣を見ると、仲間がいる。離れている仲間が連絡をくれる。スポンサーがいる。支援してくださる皆様がいる。

さあ一緒にプログラムをしよう、と背中を押してもらうような霊的な優しい愛がここにはありました。

神様は困難なんて与えないのではないでしょうか。神様が与えてくれるものは愛なのでしょう。未熟な私は、そのことにひとりでは気づけません。今日を迎えられたのは、ご支援してくださっている皆様のおかげです。本当に感謝しています。

この話の後にダルクの運営状況の話はとても辛いのですが、今日までに借り入れが200万円を超えるほど増えてしまいました。今現在、九州ダルクにそれだけ支払える財力はありません。

しかし、今いるメンバーを路頭に迷わせるわけにはいかず、先月も借り入れをすることにしましたが、返済の見通しが立たないのが現状です。

私どもの努力が足りないためではありますが、日々、苦しい運営状態で活動を続けています。皆様の善意による寄付金に支えていただけなければ運営をして行くことが困難であります。

薬物依存症者が回復を望み、生きる希望を持ち、社会の有用な一員となるように支えていただけないでしょうか。

薬物依存症者自らが薬物依存症者を支え、ともに歩むダルクの取り組み、九州ダルクが回復と成長を手にすることのできる場として活動してゆけますよう皆様のご支援、ご協力のほど、何とぞよろしくお願い申し上げます。

皆様が素敵なクリスマスと新年を迎えられますよう、心よりお祈り申し上げます。

特定非営利活動法人 九州ダルク代表 大江 昌夫

 

振込口座はこちらへ。

カテゴリー: 203号(2017年12月), ニューズレター | タグ: , , | 【NewsLetter203】歳末カンパのお願い はコメントを受け付けていません。