【NewsLetter199】薬物依存症のバス

お久しぶりです。

なんと今月6月に入って、初めての外国、バリに仲間3人と行ってきました。バリに行った目的はNAコンベンションです。その話を知ったのが今年の3月ごろで、初めはあまり乗り気になれずいましたが、仲間と話をするたびに日に日に行きたくなり、一緒に行くことになりました。

また、初めての外国だから、色々揃えなくてはいけないものがあり、大変でしたが、そういう段取りも先行く仲間に手伝ってもらい、何とかなりました。

国内であったコンベンションには、京都、東京、福岡、北海道と4回三回していたものの、外国のコンベンションに参加するのは初めてで、少し緊張していました。その気持ちのまま、飛行機に乗り、7〜8時間かけて関空からバリに向かいました。

夜中に出発し、目が覚めたらすでにバリに着いていて飛行機を降りたら、空港出口で現地のガイドさんが大勢立っていました。その人数にもビックリしましたが、あと、町中を走るバイクの数にもビックリしました。あれは本当に危ないな、と思いました。

コンベンション会場ではまず入り口に怖そうな人たちがいました。もう見るからにギャング?という感じでからだ中や顔にもタトゥーが入っていて、まさに薬中って感じでした。

僕もその中の一人なんですけどね。

そんな感じの中、恐る恐る会場に入って受付に行くと、そこには美人なお姉さんと格好良い外人の仲間が座っていました。どこに行っても変わらない握手とハグで迎えてくれました。

会場の中は各国から集まった仲間であふれていて、会場に着いた時にはもう仲間のスピーチが始まっていて、辺りを見回したけれど、いっぱいで座る所がなかったので、後ろの方の席に座って仲間の話を聞いていました。

外国語で何を話しているのかは、何もわからなかったけれど、表情などで、今は面白い話をしている、今は苦しいときの話をしている、そいうことは伝わってきました。

それから4、5人のスピーチを聞いて、最後はどこのコンベンションのイベントでもあるクリーンタイムのカウントダウン。正直、乗り気じゃなくて嫌でしたが、そう思って見ていたらすでに始まっていました。

カウントダウンはクリーン35年からのスタートでした。あまりにも緊張しすぎていて、僕のクリーンは4年なんですが、英語のフォー(Four)しか聞いてなくて、慌てて立つと、14年(Fourteenth)のクリーンで立ってしまっていました。仲間に教えてもらうまで気づかず、クリーン14年の人たちの中で一緒に手を振っていました。すごく恥ずかしかった。その後、慌てて座り、また4年目の時に立ちました。

会場には沖縄と神奈川の仲間も来ていて、良いフェローシップを取ることもできました。現地の仲間も他の国から来た仲間も、日本から来たというと心から喜んでくれ、どこに行ってもやっぱり仲間は仲間で、言葉が違っていても通じなくても、分かち合える何かがあるのだなと思いました。良い思い出になりました。

今後またこう行った機会があれば行きたいと思います。

各国の仲間、沖縄と神奈川の仲間に感謝。

カテゴリー: 199号(2017年7月), ニューズレター | タグ: , , | 【NewsLetter199】薬物依存症のバス はコメントを受け付けていません。

【NewsLetter199】薬物依存症のクルクル

6月13日から15日にかけてTCプログラムを受けました。プログラムをやるたびに、うまく答えられるのか、恥をかいたらどうしよう、馬鹿にされたらどうしよう、とつくづく思うのですが、結局心配しているようなことは起こらず、済んでよかった、と思います。

3日間受けたプログラムの中で一番印象に残っているのは3つ質問、「誇りが持てる人生でしたか?」「やり残したことはありますか?」「後悔していることはありますか?」です。

この時、自分の中で後悔したことや、やり残したことを考えたのですが、それはやっぱり家族との関係です。

関係を修復したくても、自分が薬中だからできない。親のことを恨んでいるからしたくない。兄姉が嫌いだから喧嘩しても何もしないままで何十年も過ごしてきました。

あの時もっと兄姉の言うことを聞いておけばよかったし、親のことも考えることができればよかった、と思った時に、自分の感情がブレて淋しくなり、悲しくなって思わず、泣きそうになったのですが、ここで泣くのは恥だと思ったり、皆の前で泣くのは自分にとって大恥だと思っていました。

今考えると、泣くのは恥ではないし、思いっきり泣いてもいいんだとわかります。あの時なんで我慢したのかなと後悔しています。大の大人が泣くのはみっともないと言う変なプライドを捨てれば楽になるはずだし、皆の前で泣いても何にも恥ずかしくないのです。

プログラムを通して考えさせられることはたくさんあり、それに気づかさせてくれ、TCプログラムを受けさせてくれる仲間にすごく感謝しています。

ありがとうございました。

カテゴリー: 199号(2017年7月), ニューズレター | タグ: , , | 【NewsLetter199】薬物依存症のクルクル はコメントを受け付けていません。

【NewsLetter199】6月の活動報告

1日(木) 福岡観察所コア
2日(金) 福岡拘置所M
8日(木) 福岡観察所コア
9日(金) 麓刑務所M
飯塚保護観察所コア
市センタープログラム
11日(日) WRAPセミナー
12日(月) TCプログラム、ヨーガ
13日(火) TCプログラム、福岡刑務所M
14日(水) TCプログラム
15日(木) TCプログラム、福岡けいむしょM
16日(金) 福岡拘置所M
20日(火) 福岡刑務所M
朝倉看護学校講演
21日(水) 社会貢献活動(テニスボール)
22日(木) 福岡観察所コア、支援する会
23日(金) 麓刑務所M
飯塚保護観察所コア、FU
25日(日) 家族会
26日(月) ヨーガ
27日(火) 福岡刑務所M
29日(木) 福岡観察所コア
カテゴリー: 199号(2017年7月), ニューズレター | タグ: | 【NewsLetter199】6月の活動報告 はコメントを受け付けていません。

【NewsLetter198】緊急支援のお願い

薬物依存は回復可能な病気です。薬物依存は数々の病気の中の一つです。ただ、他の病気と違うところは、この病気は周囲の人、例えば家族、職場の人、友人、知人などを好ましくない状態に巻き込むことです。

そのため薬物依存は社会問題に発展しやすいのです。しかし、病気である以上、回復の方法がないわけではなく、自分の力とか、意志力に頼ることとは全く違う方法、すなわちプログラムに忠実に参加することによって生き方を根本的に変え、その結果、多くの方々が回復しています。

さらに回復した人たちは依存症に苦しむ仲間のために何らかの形で回復に向けて手を差し伸べています。そして仲間を助ける行為こそ、自己本位の古い生き方を捨て、他者に自分を開く新しい生き方の発見であり、その行為自体が彼らを救っていることになります。

ここに希望があります。

自分らしい尊厳を取り戻すために、「今日一日」を口にし、ダルクプログラムを繰り返す仲間たち、そしてそんな私たちを応援してくださる皆様のおかげで、この福岡の地で、シェルターとしてなくてはならない働きをしてきました。私たちの隣には、応援してくださっている皆様が常にいるということに感謝しています。


昨年末に美野島司牧センターの老朽化に伴い建て替えが決まり、完成するまでの受け入れ先探しや引っ越しなどに追われる日々でしたが、ようやく3月15日より大名教会の一室をお借りし、活動を続けさせていただいております。

この話の後にダルクの運営状況の話はとても辛いのですが、引っ越しなどで今日までに借り入れが85万円まで増えてしまいました。今現在、九州ダルクにそれだけ支払える財力はありません。しかし、今いるメンバーを路頭に迷わせるわけにはいかず、借り入れをすることにいたしましたが、返済の見通しが立たないのが現状です。

私どもの努力が足りないためではありますが、日々、苦しい運営状態で活動を続けています。皆様の善意による寄付金に支えていただかなければ、運営していくことが困難であります。

薬物依存症者が回復を望み、生きる希望を持ち社会の有用な一員となるように支えていただけないでしょうか?

薬物依存症者自らが薬物依存症者を支え、共に歩むダルクの取り組み、九州ダルクが回復と成長を手にすることができる場として活動していけますよう、皆様のご支援、ご協力のほど何とぞよろしくお願い申し上げます。

NPO法人九州DARC代表 大江昌夫

寄付のお願いのページはこちらです。

カテゴリー: 198号(2017年5月), ニューズレター | タグ: , , , , | 【NewsLetter198】緊急支援のお願い はコメントを受け付けていません。

【NewsLetter198】薬物依存症のクニ

僕はもう一人じゃない

今回私は、福岡から9時間かけて、鳥取ダルクで行われる、よしみ先生のカウンセリングに出るため、福岡の仲間たちと行ってきました。

最初行く前は、子供の頃からそういうものに関心がなかった私は、「カウンセリング? 何しに行くの? 何が変わるの?」って感じでした。ただ遠いなぁと思っていました。

私が以前いたダルクの仲間たちも数名、鳥取にいたので、福岡に来てきてからは昔の自分や格好悪い自分を出さないようにしてた私は、昔の自分がバレるのではないかと、そんな気持ちがありました。私の中に、変なプライドがあったんでしょうね。

福岡の仲間はみんな若くて、心の中では自分が年上だとか、もう46歳だとか、そんな意地を張っていたんですが、そんなプライドも、仮面も意地も全てなくすことができました。

私はカウンセリングの初日、仲間の前に出ることになりました。そこで私が言われたことは、「手放す物ある?」でした。

私は悩みながらも、子供の時のいじめのこと、家でのこと、家でのきっかけとなった親との関係のことなどの話をしました。

私は自分の逆恨みから、中々、他人に心を開けませんでした。

子供の時、親から言われてきた一言。「私たちのこどもだからできるはず。何でできないの?」。

その言葉のせいで友達ができない。友達に心を開けない。そのせいでいじめにあってきたし、そのせいで家出をした。そのせいで薬と出会った、とずっと思い続けていました。

だから仲間の前でそんな話をすると、過去と同じように、また一人になってしまうと心配していました。

普段m「ミーティングは、恥をかくところ」「みんな、上も下もなく、できなくて当たり前」「仲間に感謝」なんて言いながらも、またどこかで変なプライドから仲間に対して心を開いていなかったんです。

でも昔を思い出し、涙が出た時、そんな不安は飛んでいきました。周りの仲間が共感してくれたんです。「ありがとう、話してくれて」。

そう言われた時、私は仮面を手放すことができました。

仲間が私の話を聞いて、私と一緒に泣いてくれました。

もう一人じゃない! 仲間が一緒にいてくれることで、私は初めて偽りの仮面なしで人前で泣くことや恥をかくこと、意地を張らずにいることの気持ち良さを知りました。

最後に、私の仮面を外す気脚気をくれたよしみ先生。ダルクの仲間たち。ダルクサポーターズの皆さん。ありがとう。今回新しい家族ができたような気がします。感謝。

カテゴリー: 198号(2017年5月), ニューズレター | タグ: , , | 【NewsLetter198】薬物依存症のクニ はコメントを受け付けていません。