【NewsLetter232 】10月の家族会リーベのお知らせ

日時:2020年10月25日(日)10:00受付 10:30開始

会場:博多市民センター 視聴覚室 福岡市博多区山王1-13-10

※今回は博多市民センターでの開催です。お間違いのないようお気をつけください。

※敷地内駐車場ご利用の際には、2階受付にて利用者記入をお願いいたします。空きのない場合は、近隣コインパーキングのご利用をお願いいたします。

参加費:お一人3,000円 ご家族4,000円

講師(予定):NPO法人リカバリーポイント 鳥取ダルク・岡山ダルク代表 千坂雅浩さん、さがセレニティクリニック院長 山田幸子先生

問い合わせ:九州ダルク 092-471-5140

新型コロナウィルス感染拡大防止対策として、必ずマスク着用の上、入室前には消毒を行ってください。

会場内では間隔を空けての着席、会話の際には十分な間隔を開けるなど、何かとご不便をおかけするかと思いますが、ご協力をお願いいたします。

カテゴリー: 232号(2020年10月), ニューズレター | 【NewsLetter232 】10月の家族会リーベのお知らせ はコメントを受け付けていません

【NewsLetter232 】継続支援のお願い

継続支援のお願いについて、経過のご報告をさせて頂きます。9 月までに合計86万円のご支援をいただきました。

ご支援頂いたみなさまに心より感謝申し上げます。また、ご献金の際にグループホーム開設のお祝いなどメッセージもいただき、多くの方々によって支えられてダルクの運営が成り立っていることに深くお礼申し上げます。

さて、このところ朝晩はめっきり涼しくなりました。美野島司牧センター敷地内の桜の葉も色づいてきています。もうしばらくすれば落葉が始まるのではないかと思い、本格的な秋の訪れを感じています。

例年でありましたら、この時期は九州DARCのフォーラムを行う予定でした。今年は25周年ということもあり、九州DARCの立ち上げに関わられた方々をお招きして、懐かしいお話を伺う機会に出来ればと思っていましたが、今年はこのコロナ禍の状況の中で安全に開催する事は出来ませんので、残念ながら中止とさせていただきます。

今後ワクチンの開発普及などが進み、来年無事に開催できるよう心より願っています。

また家族会につきましては、9月から再開しました。

もうしばらくは中止のままでもいいのかもしれないと思いましたが、ソーシャルディスタンスや感染予防、換気などを行った上で日常を少しずつでも取り戻せるよう、急激な感染者増加のない限りは開催を続けたいと考えています。体調などにも注意しながら、皆様ご無理のない範囲で参加をお願いいたします。

最後に表題の件となりますが、目標金額の150万円まで、あと64万円となりました。

お願い続きで大変申し訳ないと思いますが、150万円という大きな金額まで、皆様のご協力により少しずつ目標に向かって進むことができています。

どうかもうしばらくの間、ご容赦の上、引き続きご協力をいただきますよう、重ねてお願いを申し上げます。

NPO法人九州ダルク代表 大江昌夫

カテゴリー: 232号(2020年10月), ニューズレター | 【NewsLetter232 】継続支援のお願い はコメントを受け付けていません

【NewsLetter232 】鳥取・岡山ダルク合同ワークショップに参加して 薬物依存症のテラ

今回で3回目の参加でした。カウンセリングの中で、ジョイニングセッションというものをしてみて、分かったことがありました。

前回の時、頭に浮かんできたのは、迷惑をかけてきた母や彼女のことでした。やってきたことに対して、ごめんなさいという気持ちでした。

今回は「ごめんなさい」が「ありがとう」に変わっていました。後ろ向きな気持ちが、前向きになった事に気づきました。これも、仲間とプログラムとカウンセリングのおかげだと思います。

これからも感謝の気持を持っていきたいです。カウンセリングに関わってくれた仲間に感謝します。

カテゴリー: 232号(2020年10月), ニューズレター | 【NewsLetter232 】鳥取・岡山ダルク合同ワークショップに参加して 薬物依存症のテラ はコメントを受け付けていません

【NewsLetter232 】鳥取・岡山ダルク合同ワークショップに参加して 薬物依存症のバス

参加する中で、毎回と言っていいほどダンスをする時間があります。ぼくは基本的に恥ずかしがりで、人がたくさんいる中で、目立つことをするのが苦手です。

今までは、どちらかと言うと目立つことが大好きで、皆から注目を浴びることが好きで、得意だとも思っていました。でも、そう思っていただけで、カウンセリングを受け始めてから数回経つのにまだ緊張しています。

「俺は何も緊張していない。これくらいなら大丈夫だ」と、最初はその緊張に抵抗していました。でも、それじゃ苦しくて、本気で楽しむことができませんでした。

今では、緊張してもその気持ちを受け入れて、楽しむことができています。毎回こういう機会を与えてもらっているので、行くからには楽しみたいと思っています。感謝しかありません。

カテゴリー: 232号(2020年10月), ニューズレター | 【NewsLetter232 】鳥取・岡山ダルク合同ワークショップに参加して 薬物依存症のバス はコメントを受け付けていません

【NewsLetter232 】鳥取・岡山ダルク合同ワークショップに参加して 薬物依存症のクニ

毎回カウンセリングを受けて思うことですが、今までの自分は、素直に感情を出して来なかったんだと思いました。人に対して、本当の気持ちでありがとうとかごめんなさいと伝えてないのだと思いました。

今までは何でも人のせいにしていて、上部だけの言葉でした。普段出せない感情を出すと楽しいし、また、疲れるとも思いました。でも、感情を出した後はスッキリします。

以前仲間から、「何を考えているのか分からない。本当にそう思っているの?」とよく聞かれました。感情を出すことに対しての恐れがあります。今も、不正直さが出ることがありますが、少しずつ自分に正直になっていきます。

ありがとうございました。

カテゴリー: 232号(2020年10月), ニューズレター | 【NewsLetter232 】鳥取・岡山ダルク合同ワークショップに参加して 薬物依存症のクニ はコメントを受け付けていません