【NewsLetter209】薬物依存症のイジケムシ

こんにちは。イジケムシです。

前にニュースレターを書いてからし ばらく経ちました。九州ダルクが元あった場所に戻って半年が経ちました。

自分が初めて薬でどうにもならなく なった事を認めた場所で、プログラムをやっています。

最近、自分の優柔不断さや、人任せ にしてしまう部分で痛い思いをしました。ずっと昔からある自分の欠点です。

向き合う事を避けてきました。少し前、自分のやるべき相談や方向をしませんでした。自分が嫌な思いをするのは役割のせいにして、辞めたいと思っていました。やるべき事は分かっていても気持ちが折れていました。

とにかく逃げたかったです。仲間には何も話しませ んでした。代表に、「どうしたい?好きに していいぞ」と言われた時、迷いまし た。

でも、自分の最初の考えとは逆をやる方を選びました。今まで自分は、最初の考えを選んできた結果、ダルクに辿り着きました。恐れのままに行動したり、不安のまま行動した結果です。

今までと違った選択肢を取るのは自分にとって勇気がいります。自分の回復には正直さ、心を開く事、やる気、あと少しの勇気が必要です。

生き方を変えるために一歩踏み出す勇気、自分で出来ない部分を認めて、仲間に助けを求めていきます。

もうひとつ自分の問題として、同じ失敗を何度も繰り返しています。その都度痛い思いをしても、次に生かすことが出来ていません。常にその場しのぎなので、怒られたら自分の中で終わりにしてしまっています。

よく、叩いても響かないやつだと言われてきました。今、失敗に関してその内容をノートに書くことを与えられました。同じ失敗であれば書く回数が増えていきます。

自分が やった事をキチンと自分で理解して、嫌な思いをする。その中で、少しずつ行動を修正していきたいと思っています。

今までの生き方を変えていく事は、 自分にとっては難しいです。でもダルクに居て、仲間の中に居る内に変えていきたいと思っています。今 ここに居る自分と仲間を大切にしていきます。

カテゴリー: 209号(2018年10月), ニューズレター | タグ: , , | 【NewsLetter209】薬物依存症のイジケムシ はコメントを受け付けていません。

【NewsLetter209】薬物依存症のオビト

九州ダルクのプログラムについて

4年前の8月に入院していた精神病院を強制退院となりました。行き場のない中、 施設に電話を掛けました。そして、無理に面会の時間を作ってもらい、施設に入寮しました。

その当時の身なりはジャージにサンダルで、髪に寝癖がついている状態でボロボロでした。体の状態は酷く、精神 状態も社会で働けない自分が嫌いでしたし、どん底でした。

そのような状態ですか ら、施設長との面会の時、「生活についていけないかもしれない」と言いました。

施設長からは、「今日一日やればいい」と言われました。その言葉で少し楽になれたのを今でも覚えています。

その日から今日一日のプログラムが始まりました。それからすぐに、岡山ダルクに異動となりました。

約1年後に再び九州ダルクに異動となり、現在に至ります。

その間色々な 問題と直面しました。思い通りにいかず、仲 間と口論になったり、パイプ椅子を壊したりしました。施設が建替えの時には、運動 が思うようにできず苦しんだりしたことも ありました。

今もですが、何が必要で、何がそうでないかで物事を判断するよりも、好きか嫌いかで判断する事が多すぎて、すぐに自己中心的な考え方になってしまっていました。

プログラムの中で、自分の 問題を意識していないとすぐにバランス を崩してしまいます。

現在では、ミーティング、スポンサーシップ、12ステップのシェア、運動などを仲間達とこなしています。

約4年プログラムを続けた結果、仲間のサポートをさせ てもらったり、1か月分の金銭管理が出来るようになったり、思わぬ恩恵を与えて貰いました。

自分が望むようなものは与えられませんが、自分の回復に必要な物が与 えられていきました。そのプログラムが当 たり前にならず、感謝を忘れないようにしたいです。

正直なところ、まだまだ苦しい時期も多いのですが、去年の今頃よりも現在の方がラクです。来年の今頃はさらにラクになっていると考えるとプログラムを信じることが出来るし、希望となります。

このように前向きに考えられるようになったこともプログラムの成果の一つだとも思います。

調子が悪い時はプログラムが障害物であるかのように錯覚してしま います。そういう時こ

今日1日、目の前のプログラムをこなし ていきたいと思います。ありがとうこざい ました。

カテゴリー: 209号(2018年10月), ニューズレター | タグ: , , | 【NewsLetter209】薬物依存症のオビト はコメントを受け付けていません。

【NewsLetter209】薬物依存症のコウジ

はじめまして。

物依存症のコウジです。群馬ダルクから2週間ほど前にこちらに移動となりま した。初めは茨城ダルクで生活していた のですが、酒が止まらず群馬に移動となり、1年過ごしました。それでも、お酒が止まらず、 九州に来ましたが4日目にお酒を飲んでしまいました。

今はクリーンで過ごしています。福岡では生活費が2000円もらえたり、冷房が効いていたり、人数も少なく生活しやすいといった印象です。来てすぐお酒を飲んでしまいましたが、福岡でお酒 を止めたいと思っています。もう一度初心に帰り、クリ ―ンを作っていきたいと思っています。将来社会復帰する為に頑張っていこうと思っています。

今は飲みたい欲求は薬のおかげで落ち着いていますが、依存症は治らない病気です。今だにミーティングとかで薬の名前などを耳にすると、ワクワクしてしまいます。今はまだ目の前にしたら使ってしまうと思います。 日々無力を認めミーティングでおろして いかないと、クリ ーンが保てません。とに かく今はクリ—ンを作っていきたいと思っ ています。

ここ数年は酒が止まらず刑務所に行ったりして、時間をロスしまくってきました。どうにかこの辺で立ち直り、クリ ーンを作って社会復帰できるよう頑張りたいで す。

やっぱり真面目にプログラムに取り組まないと前に進みません。茨城ダルクに 戻りたいと思う気持ちはありますが、この場で頑張っていかなくちゃと思っていま す。

最近自分はあまり元気が無く、筋トレも力が無いし、外見も気にすることなく生 活しています。昔の輝いていた時代を思い出し、今のだらしない自分と比べてしまい、やる気の出ない自分にうんざりしてしまう時もあります。処方を飲んでいるという事も一つの理由だと思っています。

いつか回復してまた輝ける日が来るよう、今は今日1日で生活していきたいと思っています。

もうやはり何を考えても僕にはダルク で頑張っていく事しか道はありません。回 復して家族との関係を再構築できるよう 頑張りたいと思います。群馬ダルク、茨城ダルク のスタッフ、仲間達。いろいろお世話になりました。またどこかでお会いした 時はよろしくお願い致します。

カテゴリー: 209号(2018年10月), ニューズレター | タグ: , , | 【NewsLetter209】薬物依存症のコウジ はコメントを受け付けていません。

【NewsLetter208】弱さへの心配り(続き)コース・マルセル神父

15年ほど前、ダルクでリハビリをへた若者が近くのアパートで一人暮らしを始めた。ある時、招かれた教会の集いで彼は体験談を語った。依存症の人が自分の体験を話せるようになるのは大きなステップだ。

が、その数日後、彼はアパートで自ら命を絶った。また、元気に見えた青年が依存症治療の通院先で自殺したこともあった。

一方で社会復帰して仕事を得たり、家庭を持ったりするようになる人を見送り、見守っていく喜びもある。

ダルクのスタッフは回復した薬物依存症者で、弱さを糧に弱さでつながリ、助け合って回復を目指している。九州ダルクで回復した青年たちは九州の他県にダルクを作っていった。

「ダルクという希望の種が九州全土に撒かれた」

神様の居場所はどこに?

私の内の見えざる神を感じて洗礼を受けた人たちもいる。それは、小さく弱く貧しくされた人たちをこそ大切にする神の愛だ。弱いことは悪いことではない。

「弱い人たちがいなくならないのは幸いなこと。けんかをするのは強い人たちだから。弱い人たちは団結できる。それに、弱く貧しい人の中には神様の場所がある」

私の揺らがない信念だ。

<弱さへの心配り>NewsLetter206号

 

 

カテゴリー: 208号(2018年8月), ニューズレター | タグ: | 【NewsLetter208】弱さへの心配り(続き)コース・マルセル神父 はコメントを受け付けていません。

【NewsLetter208】九州ダルクを支援する会 佐藤

私と九州ダルクとの出会いは、今年で11 年になリます。今回ニューズレタ一を家族の方も書いては、との事で改めて私の十数年を振リ返っています。

当時、私の息子は精神科のクリニックに通院していて、よく私が車に乗せて連れて行きました。そこでは親として愛情を注いでくださいと言われ、親としての責任を強く感じました。そして苦しみました。

本人は処方薬を飲んでいましたが、段々おかしくなりました。訳の分からない事を言って、自傷行為。そしてとても普通でない行動にこれはダメと思い、精神病院に入院。そして3 ヶ月後退院。良くなったと思いました。でもそれから1 年間くらい入退院を繰り返し、どうしようもない状況でした。

そんな時に病院に九州ダルクから面会に来られていて、病院の看護師からダルクの事を聞き、初めて薬物依存症に向き合うように私たち家族はなりました。

病院に面会に行く度にダルクに行けとコントロールしていましたが、なかなか本人は行くと言わない。そしてトキさんから面会に行かないでくださいと言われて、私は出来るが、母親はどうなのかと思っていましたが、骨折で入院して面会に結果的には行けませんでした。

そして、本人は沖縄ダルクヘ飛び立ちました。回復の第一歩です。トキさんの面談を受け、本人が決めて、行きました。

今は少し分かるようになリました。何もしない事が本人の自立に必要だと。私達家族も薬物依存症が病気であり治らないでも回復はありますよと思えるようになリました。

現在、家族会や自助グループで12 ステップを学び、ミーティングをする中で私も楽な生き方ができるようになっています。依存症者も大変ですが、家族も大変な思いでいます。同じように苦しんだ家族の体験を聴き、話し、寄り添っています。我々家族も仲間を大切にします。

九州ダルレクを支援する会でお手伝いする中で、アディクトと接する事もあり、元気な子、そうじゃない子、薬物を使わない生き方をして仲間の中で回復していくのだろうと思っています。

先日、使わない衣装ケ一スを何個か持っていきましたが、なかなか備品もなく大変な様でした。施設が新しくなりましたが、予算もなく、家族の方、支援者の方に今一度献金をお願い致します。

カテゴリー: 208号(2018年8月), ニューズレター | タグ: , , , | 【NewsLetter208】九州ダルクを支援する会 佐藤 はコメントを受け付けていません。