薬物依存症のミヤ

薬物依存症のミヤです。ダルクに繋がつて約10年になリますが、今回で3度目の手記になります。今回は「九州ダルクに繋がつて」というテーマで作文したいと思います。

今年の2月24 日に茨城ダルクから福岡の九州ダルクヘ移動になりました。当時は、理想ばかり追求して自分の行動を省みずに、問題が起こっても他人の仕業にしたり、無理矢理に正当化していて苦しい状況が続いていました。

プライドが邪魔して、生き方や考え方を変える事が出来ませんでした。九州ダルクに来て一週間が経った頃、堪えられないほどの苦しみに襲われ、その感情が怒りに代わり、どうにもならなくなり、仲間の助言を聞かずに施設を退寮し、働きました。

施設を退寮し、福岡の街を歩きました。クスリを使い、歩きました。気づいたら、足裏の皮が擦れて出血していましたが、それでも歩き続けました。

放浪生活が一週間過ぎた頃、仕事に就きました。建設業の請負の仕事でしたが、一生懸命に仕事しました。毎日4時に起床し、夜8 時まで働いていました。熊本の現場を任されるようになり、毎日が充実していましたが、それでもクスリは止まりませんでした。

3 か月くらい経った頃、クスリを使い過ぎて、仕事を当日欠勤してしまい、連続して使うようになり、仕事も辞めてしまいました。ある日、トイレにネコが入ってきて、話しかけてきました。幻覚と幻聴だと理解していましたが、恐ろしくなり、九州ダルクに助けを求めました。

トキさんとダルクの仲間は僕に、「戻ってきてくれて有リ難う」と温かく受け入れてくれました。本当に安心しました。その時、自分に変化を感じることが出来ました。まだまだ書きたいのですが、有り難うご ざいました。つづく。

カテゴリー: 207号(2018年7月), ニューズレター | タグ: , , | 薬物依存症のミヤ はコメントを受け付けていません。

薬物依存症のバス

皆さんおひさしぶりです。依存症のバスです。今回はバリコンベンションの事を書きたいと思います。

去年に引き続き今回も行ってきました。バリ。今年は鳥取ダルクの仲間4人と九州ダルクの先行く仲間と合わせて6人でした。2 回目のバリですが、相変わらず行く前は緊張していました。

今回も色々な事を体験してきました。バリでの目的はNA コンベンションで、空いた時間は仲間とサ—フィン。幸せな日々、でもやる事はやる。

今回は前よリも歩き回りました。移動手段は常にウォーキング。それも何万歩という程歩く。でもこれも仲間と一緒だから出来る事。仲間とぷざけた話をしたり、面白い話をしたりしている間にコンベンション会場につきました。

会場に入れば、見渡すかぎり外国の人ばかり。日本語を話してももちろん通用するわけが無く、避けるようにその場を後にしようとすると、そういう時に限って話しかけられてタジタジになる。

本当に中学校も真面目に行ってなかったから、基本的な単語も分からない。だけどNAメンバーは言葉はいらなかった。言葉は通じなくても分からなくても伝わる。

色々な国から集まっていて、バリ、オーストラリア、中国、韓国、ロシア等々、色々な仲間が居た。仲間とフェローシップを取ったリ、写真を撮ったりした。皆温かくていつでもウェルカムだ。それが仲間の良い所。

コンベンション最終日のカウントダウンにも参加させて貰った。39 年のクリ—ンからカウントダウンは始まった。そこからだんだん自分のクリーンの年数に近付いてきて、5年のコールの時に僕も立ち上がった。

そこに居た大勢の仲間が僕の方を見て笑い、握手をしてくれた。中には「バス!」と僕の名前を呼んでくれる仲間もいた。

あの感覚は何とも言えないし、ただただ感動したし、興奮していた。また一つ良い思い出が増えました。仲間にあの時出会っていなければ、間違いなく今の自分は無かったと思う。

これもまた仲間に感謝。人生色々嫌な事もあるけれど、頑張っていれはそれ以上に楽しい事もこの先待っている。そう信じています。

カテゴリー: 207号(2018年7月), ニューズレター | タグ: , , | 薬物依存症のバス はコメントを受け付けていません。

薬物依存症のクルクル

こんにちは。依存症のクルクルです。前回に引き続き仲間と3人で鳥取ダルクに行って、カウンセリング神戸のセッションを受けてきました。今回は1 日という短い時間でしたが、楽しみました。

セッションの中で一番心に残ったのが、仲間が前に立って親の事でセッションをした事。その仲間は親に助けてと言えず、今まで苦しんできたし、生き辛かっただろうなって、その時すごく感じて、自分も親の事を思い出して泣いてしまいました。

その仲間もそうですけど、自分も親に「助けて」とか、そんな言葉を言った事が無いです。無いと言うか言っても話を聞いてくれたり、助けてくれるような親じゃなかったので。

まったく状況は違っていても、心の声であっても、僕を助けて下さいと言えるのは、勇気のいる事で、到底自分には出来ない事だなって思うし、そんな勇気があれば、親に限らず周りの人にも自分の気持ちを伝える事も、ぶつける事も出来たはずです。

それが出来ないから人を恨んだり、遠ざけたりしていました。それを言えない自分が嫌になります。

だから今回のセッションは共感するところがあったのと、過去の事は全部人のせいにしていたんだなと気づくことが出来ました。

それに改めての気づきになりましたが、自分が親の事を嫌いだとか恨んでいたことはあっても、やっぱり本心では、親がいないのは淋しいし、何で両方の親が居ないんだって、ふざけんなという気持ちは持っているし、親が居る人はいいなって、うらやましい気持ちもあります。

ですが、こういう感情も含めて良いセッションでした。セッションを受けさせてくれたトキさん、チーさん、たくさんの気づきを教えてくれた仲間。一緒にセッションをやってくれた岡山と鳥取ダルクの仲間。バスさん、よしみさん、そしてダルクサポーターズの皆さん、本当にありがとうございました。

カテゴリー: 207号(2018年7月), ニューズレター | タグ: , , | 薬物依存症のクルクル はコメントを受け付けていません。

弱さへの心配り コース・マルセル神父

福岡司教区が25年にわたって、移住労働者や薬物依存、ホームレスの人らの支援拠点としてきた「美野島司牧センター」の建物が今春、改築されました。私のこのセンターは、対応不可能と思える問題が舞い込むなど、想定外の出来事の中に神様のメッセージを感じながら、築かれてきた場所だと思います。

完成した新しいセンターは、2つの建物からなり、以前と同様、聖堂兼集会室、活動団体の事務所、DARCデイケア・ナイトケア、台所などを備えています。

4月7日には、宮原司教司式による落成祝福式、5月13日には新築祝賀式が同センターで行われ、支援関係者や地元のボランティア、近隣の教会関係者らで新たな船出を喜び合いました。

NPO法人「九州DARC」=地元で1995年に始まった薬物依存症者の支援施設。回復・社会復帰に向けたプログラム、交わりの場を提供しています。

不法滞在のペルー人の支援のために福岡教区に赴任した私は、スペイン語ミサなどをしながら、ペルー人たちとの関わりを続けていた20年前のある日、ダルクの青年6人が居場所を求めてやってきました。

私は薬物の世界は全くわからなかったので断るつもりでしたが、彼らと1週間ほど生活をしました。

ある晩、シンナーを吸った青年の大きな笑い声で起こされました。私の顔を見て、「私は蝶々だ、蝶々だ」と叫びながら、屋上から飛び降りようとした時に腕を捕まえたこの若者。

翌朝、「あれは『彼らとの関係を捨てられないよ』という神様のメッセージではないか」という思いが胸に浮かびました。

その中で、神様は時々、思いもよらない出会いをくださり、自分の考え方が変わっていくのですね。その気づきから、今の九州ダルクの活動が続いています。

私たち美野島司牧センターは小さな働きしかできませんが、みなさんと力を合わせて、新しい美野島司牧センターでの九州DARCの新しい出発を心からお祝いいたします。

カテゴリー: 206号(2018年6月) | タグ: , | 弱さへの心配り コース・マルセル神父 はコメントを受け付けていません。

緊急支援のお願い

 <献品のお願い>

大型洗濯機 1台 扇風機 5台
掃除機 2台 お米 適宜
洗剤 適宜 その他

薬物依存症は回復可能な病気です。薬物依存は数々の病気の中の一つです。ただ、他の病気と違うところは、この病気は周囲の人、例えば家族、職場の人、友人、知人などを好ましくない状態に巻き込むことです。そのため薬物依存は社会問題に発展しやすいのです。

しかし、病気である以上、回復の方法がないわけでなく、自分の力や意志力に頼ることは全く違う方法、すなわちプログラムに忠実に参加することによって生き方を根本的に変え、その結果、多くの方々が回復しています。ここに希望があります。

さらに回復した人たちは、依存症に苦しむ仲間のために何らかの形で回復に向けて手を差し伸べています。そして仲間を助ける行為こそ、自己本位の古い生き方を捨て、他者に自分を開く新しい生き方の発見であり、その行為自体が彼らを救っていることにもなります。

シンナー、睡眠薬、覚せい剤、咳止め薬など、薬物依存を引き起こす薬は多数に上ります。薬物依存は病気の一つだと申しましたが、そもそも病気とは何でしょうか?

たとえば心臓病、癌、アレルギー––などは人間の意志の力によって治るわけではありません。病気に対して人間の意志の力では無力です。外からの働きかけや治療によって回復が図られます。

何かのきっかけで人格的にも意志力においても、人一倍抜きん出た人がいったん薬物依存になったら、この人の意志力もやはりこの病気に対しては、完全に無力なのです。

人間個人の意志や努力を超えたやり方、ひいては生き方によって回復を目指す必要があります。したがって薬物依存症には意志薄弱な人だけがなるという考えは事実誤認であり、多くの誤解を受けていて、回復が可能な病気であることを広く伝える必要があります。それがダルクの活動の一つです。

この話の後にダルクの運営状況の話はとても辛いのですが、昨年度までの決算で活動してくために借入した金額が300万円を超えてしまい、このままでは破綻してしまいます。今、ダルクにいる人達8名中7名が生活保護に頼る人たちだけになっており、生活保護者の支給額は、普通、ダルクが貰っている入寮費の3分の2で、月5万円以上のマイナスになります。単純計算で月35万円、年間420万円に達します。

生活保護費の減額や交通費の廃止、献金の減少など、今現状では家賃・借入金返済、保険料、プログラム費、人件費が全く払えない状況に立たされています。いろいろ手を尽くしてきたのですが、スタッフや私の家族にまで負担がきている今、皆様もお困りとは思うのですが、あえてお願いをさせていただいております。

私どもの努力が足りないためではありますが、ダルクの活動をご理解いただきまして、度々のお願いで心苦しいのですが、皆様の愛に頼る方法しかわかりません。どうか、このような現状を理解していただき、九州ダルクへの皆様の支援を心よりお願い申し上げます。

カテゴリー: 206号(2018年6月), ニューズレター | タグ: , , , , | 緊急支援のお願い はコメントを受け付けていません。