【NewsLetter224】福岡県精神保健福祉センター H.T

「これからもよろしくお願いします」

福岡県精神保健福祉センター所長をしています。このニュースレターはいつも楽しみに読んでいます。

平成29年に厚生労働省の依存症対策総合支援事業が始まり、私どものセンターは福岡県における相談拠点機関に指定されました。その名にふさわしいようにアルコール依存症、薬物依存症、ギャンブル等依存症の相談を積極的に行うとともに、会議を開催するのが役目です。その会議では地域における現状を知って依存症対策における福祉、医療、相談などの過不足を調整し充実させる手立てを考えることと、会議を通して住民、福祉、医療、保健の連携を進めることを目指します。連携はとても重要で、それぞれ違う役割と目的を持った人同士がまず顔を合わせ、お互いのことを少しづつ知り、親しみ、助けたり助けられたりしながら連携が広がり深まっていくものだと考えています。それぞれの機関の事情やペースを大事にしながらしっかり進めていけたらいいなと思います。

話は変わりますが、依存症が自分に言いわけをしながらやめられない病気だとすれば、私にはその傾向が十分にあると思います。「今日はこれぐらいの仕事をしよう」と思っても、おのれに厳しいというよりは相当自分に言いわけをしますし、調子にも乗りやすいです。今したいことに流されがちで苦しいことは後に回してしまいます。そして、自分のこういうところはカッコ悪いと思います。

その私の近況を言えば、「こんな(いろいろ足りない)自分だからこそ人の知恵や力を借りよう。思ったようにできないことが人にもカッコ悪く思われて恥だが、人は助けてくれるだろう」と思うようになりました。数年前に『逃げるは恥だが役に立つ』というテレビドラマがあり毎週楽しみにみていましたが、そのタイトルに似て「カッコ悪いは恥だが役に立つ」、ではないでしょうか。思えば、この頃よく言われる地域連携とは、「こんなことをしたくて頑張っているけど自分一人ではとても力が足りないし、続かない」ということを周りに伝えて、周りのいろいろな力を引き出すことかもしれません。

こう言っていても、何か自分の言いわけを言っているようにすっきりしないものがありますが、上記の依存症対策事業を始めとしてするべきことを(人に助けてもらいながら)積極的にしていきたいと思います。これからもよろしくお願いします。

カテゴリー: 224号(2020年2月), ニューズレター | 【NewsLetter224】福岡県精神保健福祉センター H.T はコメントを受け付けていません。

【NewsLetter224】鳥取・岡山ワークショップに参加して

イジケムシ

カウンセリングを受ける中で、処方を止めてから前に比べて感情が戻ってきた事を実感します。まだ恥ずかしいという自分の腐ったプライドが邪魔をしてしまいますが、皆で踊ったりして楽しかったです。もっと素直な自分を出していきたいです。よしみさん、ダルクサポーターズ、鳥取と岡山ダルクの皆さん、ありがとうございました。

 

バス

普段はあまり自分の内側を見る事はないですが、カウンセリングではそういったきっかけがもらえます。正直言うと苦しいのですが、オープンにすることによって、ものすごく楽になれます。プログラムの中で感情移入することは難しいのですが、以前と比べると恥もなくなり、前向きに参加できるようになりました。

 

クルクル

これまでカウンセリングでセッションを受けてきましたが、今回始めてジョイニングセッションというもので、家族のことを思い出し、泣きました。暴力をふるい、良い親ではなかったのですが、親もそうやって育てられたのだなと思うと涙が出ました。泣いた後は気持ちがスッキリしました。一緒にカウンセリングを受けてくれた仲間、ありがとうございます。

 

オビト

感情を出すのが苦手な私にとって、このプログラムは鬼門ですが、気付きがあります。プログラムの中で、過去に私自身が努力して文武両道であった事実を思い出しました。現在とても厳しい状態であることは事実ですが、目標に向かって努力できる力があることもまた事実です。前向きな考え方で頑張っていきたいです。ありがとうございました。

 

クニ

自分は20歳のときに家出をしました。家出中に祖母がなくなりました。そのことをずっと謝りたいと思っていましたが、出来ないことが心残りでした。今回のカウンセリングで謝ることが出来ました。ずっと抱えていたものが一つなくなりました。これからも色々取り組んでいきます。ありがとうございました。

 

テラ

仲間と手をつないで見つめ合い、薬をやってきたことを思い返してみると、どれほど自分が勝手で無責任な男だったか思い出しました。自分を嫌いになり涙が溢れてきました。少しだけ自分を許せない気持ちになりました。プログラムを使って、自分を好きになりたいです。カウンセリングありがとうございました。

 

コウジ

今回、神戸のカウンセリングには、不眠で一ヶ月入院していて参加できませんでした。入院中先生に処方の調整をしてもらうことで、夜眠れる日が増えました。でも、酒を飲んでスリップし、あげくの果てに異性と関係を持ってしまいました。こういう事は茨城にいた時代にも経験していて、自分の不正直さを見直すいい経験になりました。次こそは頑張りたいです。

カテゴリー: 224号(2020年2月), ニューズレター | タグ: | 【NewsLetter224】鳥取・岡山ワークショップに参加して はコメントを受け付けていません。

【NewsLetter223】NPO法人九州DARC代表 大江昌夫

謹んで新春をお祝い申し上げます。旧年中は大変お世話になり、誠にありがとうございました。

続きを読む

カテゴリー: 223号(2020年1月), ニューズレター | 【NewsLetter223】NPO法人九州DARC代表 大江昌夫 はコメントを受け付けていません。

【NewsLetter222】緊急支援のお願い

NPO法人 九州DARC代表 大江昌夫

早いもので今年も残すところわずかとなりました。皆様には今年も大変お世話になり、ご献金と、頂いたお米や野菜、保存食などの食品や、洗剤、タオル等の日用品にも大変助けられました。大変ありがとうございました。

出費についてはダルクでも経費の削減を目指し、今年は燃費の悪い車の買い替え等行いました。その甲斐あってガソリン代などは徐々に減ってきてはいますが、借入金の返済などにはまだまだ足りない状況があり、運営費もまた不足している状況です。

毎年の事ながら、献金のお願いを皆様にお伝えしなければなりません。皆様には、またか、いつも大変そうだなぁと思われているだろうなと心苦しさを感じつつも、ダルクの運営は相も変わらず木枯らしの吹きすさぶ状況ですから、これも年末の風物詩としてご容赦頂ければ幸いです。皆様のご協力を、どうかよろしくお願い致します。

12月と言えば、クリスマスや年末のセールやら忘年会や何かと世間では忙しく、また賑やかに楽しく過ごしているものですが、アディクションの真っただ中にいた頃、私達には季節の概念もなければ、今年を振り返る事も、来年の抱負を持つようなこともない暮らしでした。

私達は世間の人々を横目に、日々薬を使う事、薬を手に入れる事、そのための金の算段、借金、あるいはさらにひどい場合は詐欺や窃盗と忙しい日々でしたので、いつも気が付くと年が明けているという有様でした。

思い出しても希望とは程遠い日々です。そんな私達がダルクに来て初めて素面で年を越す事にもなりますが、この経験も、初めはとても居心地の悪いものです。世間が賑やかに楽しそうな様子に心はざわつき、自分には何もない。楽しい予定もなければ、待っている家族もない。お金もなければ、友達もいない。自分の人生とは何か、年末とはその現実を突きつけられるシーズンでもあります。

いっそ束の間の楽しさでも構わない、と正直昔が懐かしくも思えたりもします。寂しさに打ちのめされる事もありますが、その寂しさを、もう昔のように薬で紛らわさないでもいいという事を知る必要があります。そのために仲間が居て、ダルクがあるのだと思っています。新しい考え方に沿って新しい生き方、新しい人生を歩みたいと願う仲間のサポートを行えるよう、来年はさらにその内容を充実させていく所存です。より一層のご支援のほど、重ねてよろしくお願いいたします。

 

追伸<九州ダルク クリスマス会>

12月14日は九州ダルクのクリスマス会です。多くの皆様とささやかながらクリスマスを祝い、今年も無事に1年を過ごせたことの喜びを分かち合う事が出来ますよう、1人でも多くのご参加をお待ちしております。

経費もさることながら、美野島教会の台所の使用にあたり、他団体さんとの時間の兼ね合いで、軽食の調理が難しくなりました。大変申し訳ありませんが、可能な方だけで結構ですので、お菓子や料理等、よろしければお持ちより下さいますようご協力よろしくお願い致します。

カテゴリー: 222号(2019年12月), ニューズレター | タグ: | 【NewsLetter222】緊急支援のお願い はコメントを受け付けていません。

【NewsLetter222】今年を振り返って

イジケムシ

自分の問題に振り回された1年でした。薬は止まっているものの、コミュニケーションがうまくとれない事や、一つの事に囚われ過ぎる事などです。よりプログラムが必要になってきています。いままでのようにボチボチやっていくのでは変われません。最初に薬を止めた時の必死さを、もう一度思い出してやっていきます。

BASS

今までやりたくないと抵抗していたステップに、取り組みました。やり始めるまでに凄く時間がかかって、やる前から、やることに意味はあるのか?と考えている無駄な時間を過ごしました。まだまだやり始めたばかりですが、ステップをやることの意味を実感している今日この頃です。今年は苦しいこともありましたが、同時に新しいことへの気づきも得ることが出来ました。現状と向き合う努力もしました。知識だけで終わることなく実践していきます。

クルクル

今年も自分の不正直が原因で施設を飛び出して、スリップしました。正直になるのが怖かったり、自分の問題を今まで見てこなかったりした結果が今回のスリップでした。クリーン2年の直前での出来事なので凄く悔しいです。まだまだ自分の問題を見ることが出来ていませんが、直面するのには良い一年になりました。

オビト

体調不良に陥ることが少なくなったり、新しい趣味が見つかったりと良い方向に変わったことがありました。その一方ではかねてからの課題であった感情面や柔軟性、積極性については努力が足りず成長しきれませんでした。来年は少しでも変われるよう頑張ります。有難うございました。

クニ

今年は仲間との別れや新しい出会いなどがありました。去年より走ることが出来るようになり、体の変化もありました。去年できなかったことも少しずつですが出来るようになりました。まだ古い生き方が出る時もありますが、これからも自分のペースで仲間の力を借りて回復を楽しみます。

マー

今年一年を振り返ると自分としては70点くらいです。今年の課題だった筋トレのベンチプレス100kgまではあと10kg足りず、90kgです。でもまだ時間はあるのでベストを尽くして筋トレに取り組みます。もう一つの料理の方ですが、1年前より腕が上達したと思っています。こちらの方も色々と勉強して来年はもっと成長した自分になりたいです。

コウジ

今年は良い一年でした。前半は、施設を飛び出しては酒を飲むの繰り返しで、最後コインランドリーで野宿した時に「俺は社会復帰を目指していたけど酒で会社を休む」と悟り、「施設に居続けて薬をやめ続けるしかない」と決意しました。今も気持ちは変わりません。スタッフ目指して更に楽しい人生が送れるように頑張ります。

テラ

今年は色々な所へフォーラムに行かせてもらい、多くの新しい仲間と出会い、貴重な話を聞かせていただきました。今、自分の新しい生き方について考え、プログラムに集中しています。時にはホームシックになり辛い時もありますけれど、仲間の力を借りてがんばります。

ルイ(スタッフ)

仕事上では、行政関係の用語の難しい書類にもようやく目が慣れてきたのか、必要な事や、やるべき事が少しずつですが理解できるようになってきました。学ぶことばかりで、面倒だなと思う事や大変な事も多いですが、成長する機会があることは幸いだなと感謝しています。仕事でも、人生でも。

カテゴリー: 222号(2019年12月), ニューズレター | 【NewsLetter222】今年を振り返って はコメントを受け付けていません。