福岡保護観察所保護観察官 T

 私とタカさんの出会いは去年の秋でした。施設から出たあとに、初めて会ったときのタカさんは、表情も堅く、少しうつむき加減で、時折きょろきょろと周囲を見渡すなどして、緊張を隠せない様子でした。

「これからダルクで、どんな生活をしていこうと思っていますか。」

 きっと、施設にいた頃にも何度も聞かれたであろう質問に、緊張しながらもしっかりと答えてくれました。そんなに緊張しなくて大丈夫ですよ、と気の利く雰囲気を出せればよかったのですが、かくいう私も初めてのことで緊張していましたし、しかも、数ヶ月前に刑務所勤務を辞めたばかりで、社会に出て間もない頃。聞きたいことを書いたメモをチラチラと見ながら話をうかがうのが精一杯でした。

 タカさんとは、月に2回プログラムでお会いし、プログラムの前に話をするということになりました。1ヶ月も経つと、タカさんはダルクの生活にすっかり馴染んで、いつもダルクでのいろいろな出来事を話してくれるようになりました。付き添ってくれるイジケムシさんとは、筋トレで競い合うライバルだと、とても張り切っていたのが印象に残っています。

 ダルクのメンバーだけでなく、プログラムに来ている他のメンバーの人とも、プログラム前の待ち時間に話を弾ませていました。プログラムに来ているメンバーにとって、タカさんのように自分と同じ境遇にある人と共感し合えることは、素晴らしいことです。タカさんと同じプログラムを過ごしたメンバーが、たとえ今すぐにではなくても、いつかタカさんやダルクのことを思い出して、繋がるきっかけになればいいなと思いました。

 タカさんと一緒に過ごしたのはたった数ヶ月の期間でしたが、タカさんが、ダルクの中で仲間とともに回復していく姿を目の当たりにできました。大盛況だったダルクのクリスマス会。タカさんは、ダルクの一員として忙しく動き回っていました。そんな中、タカさんは部屋の外でステージを眺めていた私に、料理を手渡してくれました。その時の笑顔は、回復するために何が必要なのだろうという疑問にひとつの答えを投げかけてくれました。そして、一緒に時を過ごしていくことそのものが、私自身の成長にもなれたように思います。

カテゴリー: 215号(2019年5月), ニューズレター | 福岡保護観察所保護観察官 T はコメントを受け付けていません。

【NewsLetter215】薬物依存症のテラ

  はじめまして。薬物依存症のテラです。自分は覚醒剤で警察に捕まり、留置所から茨城ダルクに手紙を出し、九州ダルクに来ることになりました。

 一人では薬をやめることは出来ないと思い、ダルクに入ることを決めました。やっぱり、一緒にクリーンを続けて行ける仲間が欲しかったです。仲間を見て気づくことはたくさんあります。欲求が入って苦しんでいる仲間を見ると、自分も心配になります。自分もいつ欲求が来るか分かりません。仲間は鏡だと思います。色々な気づきを与えてくれます。

 九州ダルクの仲間の皆さんはとても温かく受け入れてくれました。自分の悩みも聞いてくれ、自分の体験談を話してくれて、自分にも重なるところもあり、話を聞いて楽になったところもあります。

 仲間は、自分の回復には大切な人だと思います。

 今は、自分の問題に向き合える時間がある事は、自分にとってはとても大切です。

 ダルクに来て色々なことが分かりました。自分の弱さや薬に負けていた事。薬を使うのではなくて薬に支配されていた事。生活が薬中心になっていた事。今ここに来て、今まで自分の成長が止まっていた事が分かります。

 ダルクに来て一ヶ月半です。今はたまにホームシックにかかる事があります。そんな時は、仲間が助けてくれます。ミーティングも大切です。ミーティングで話をすると不思議と欲求が消えていきます。本当に不思議な事です。同じような悩みを持った仲間がいるという事、自分の気持ちを正直に話せる場所がある事が、自分にとっては大事です。

 この先色々なことがあると思いますが、仲間の力を借りて回復したいと思っています。

 今は安定剤も飲んでいますが、いずれは止めて生活が出来るようにしていきたいです。今はご飯もたくさん食べて、スポーツレクリエーションのプログラムで体を鍛えて、健康的な体になりました。体も少し大きくなりました。

 薬を使っている時は絶対にしない事を、今は仲間と一緒に楽しくやっています。顔つきも変わったと仲間に言われて、自然と笑顔になります。この調子で仲間と一緒に回復していきたいです。

 仲間に感謝。

カテゴリー: 215号(2019年5月), ニューズレター | 【NewsLetter215】薬物依存症のテラ はコメントを受け付けていません。

【NewsLetter214】家族会フォーラム 御礼

 春たけなわの今日この頃、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。ダルクでは季節柄、調子を崩す仲間や全体的に雰囲気が落ち着かなくなる事も多い時期ではありますが、今のところ皆無事に、元気に過ごせております。

 さて、先日の九州ダルク家族会主催による、第一回九州ダルク家族フォーラムの際には、講師としてお話し頂いた佐賀セレニティクリニックの山田先生、茨城ダルク代表の岩井さん。ご参加頂いた皆様。そして、九州ダルク家族会の皆様。遠方からも駆けつけて頂いた方も、お忙しい中誠にありがとうございました。

 第一回目という事で、段取りや打ち合わせなど中々思うようには進まず、どうにか開催できたことにほっといたしましたが、当日は不慣れなことで不行き届きの点が多々ございましたこと、心よりお詫び申し上げます。

 仲間の話しに耳を傾け、深い共感と共に安らぎを感じる事は、薬物依存者である私達の中でよく見られる光景ではありますが、それは家族会の仲間同士でも変わらないものだと感じます。

 仲間というものがいる場につながったばかりの頃は、疲れ果て、どこをどう見ても問題解決の糸口などなく、八方塞がりで、何も見えない暗闇に居るようにも感じます。それなのに、自分以外の人達はなぜ笑顔でいられるのか? 同じような経験をしているのになぜ希望を見ることが出来るのか?

 不思議だと感じたり、時には反発したいような気持ちでも、参加を続けているうちに見えてくるものがあります。人と人をつなぐ温かく包まれるような感覚、探していたものが見つかったという感覚。それは大きな力であり、一人では見つけることが出来ないものです。薬物依存症者本人と、その家族。立場は違えども、苦しみ悩んだ先に辿り着くこの気持ちは同じものです。

 家族会もまた、未だ苦しんでいる仲間への手助けをすることで希望や勇気、強さ、優しさを持ち続けていられ」るのだと、改めて深く心に刻まれました。

 九州ダルクは家族の方々と今後も協力しあい、薬物依存症という病気について学ぶ場の提供、そして家族が元気になり回復する事で、薬物依存症本人の回復のチャンスとなるよう更なる向上に努めていく所存です。

 皆様にはより一層のご支援、お引き立てを賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

カテゴリー: 214号(2019年4月) | タグ: , | 【NewsLetter214】家族会フォーラム 御礼 はコメントを受け付けていません。

【newsLetter124】イジケムシ(カウセリング神戸)

 2月末にカウンセリング神戸のプログラムを受けに鳥取ダルクに行きました。久しぶりに会う仲間の、以前とは変わった姿を見て改めて効果があると感じました。何回もカウンセリングを受けていますが、今回、九州ダルクの仲間がメインで、前に立って話すのを見て、初めて身近に感じ、グッと来ました。処方を止めてそろそろ2年。健全に自分の感情を出せるようにリカバリータイムを作っていきます。

カテゴリー: 214号(2019年4月), ニューズレター | タグ: | 【newsLetter124】イジケムシ(カウセリング神戸) はコメントを受け付けていません。

【newsLetter124】バス(カウセリング神戸)

  お久しぶりです依存症のバスです。2月末に、鳥取へカウンセリング神戸のプログラムを受けに参加してきました。いつも受けに行く前には不安があります。まだ、中々感情移入のほうが苦手で、恥をかきたくないと思う気持ちもありますが、実際に行くと鳥取の仲間が歓迎してくれるので、やりやすい雰囲気を作ってくれるおかげで安心して受けることが出来ました。ダルクサポーターズにも感謝です。

カテゴリー: 214号(2019年4月), ニューズレター | タグ: , | 【newsLetter124】バス(カウセリング神戸) はコメントを受け付けていません。